>>月々0円で始めるネットショップ<<

特定の商品商材は許可証がないと販売ができない!

ネットショップ開業初心者許可申請

ネットショップは誰でも簡単に開業することは可能ですが、取り扱う商材・商品によっては、許可証が必要となります。あなたが販売する商材についてはチェック済みだと思いますが、念のためにおさらいとして確認しておきましょう。

アルコール・お酒

photo10-1

アルコール度数1%を超える商品を販売する場合は、【一般酒類小売業】【通信販売酒類小売業免許】というものが必要となります。また、「酒類を取り扱う通販免許」というものも別途で必要となってきます。

食品関係

photo10-2

特定の食品を売りたい場合は、「食品衛生責任者免許」「食品衛生法に基づく営業許可」が必要となります。加工品などを仕入れて販売するのであれば、許可証を必要としませんが、二次加工する場合は、各都道府県の保健所に届ける必要があります。

また、冷凍食品など発送する場合は、「食品の冷凍又は冷蔵業」を申請しておくことになります。取り扱う商品全てではありませんが、食品関係は特に注意を払いましょう。

許可証が必要もの例

  • 手作りケーキ・お菓子
  • 手作り飲料・ジュース
  • 手作り野菜・お惣菜

中古品

photo10-3

オークションでは個人売買のため、許可証を必要としませんが、ネットショップでBtoCとして販売場合は許可が必要となります。

「古物商許可証」が必要となります。中古品を扱うルールとしては、『使用されたもの』『返品で一度でも顧客の手元に触れたもの』『メンテナンスされたもの』という定義があります。以下に該当するも商材をあげています。

  • 古着・衣類
  • 中古雑誌・本
  • CD・DVD・ゲーム
  • 椅子・机・家具類
  • 時計・宝石類
  • 美術品

ペット

photo10-4

動物などの生き物を取り扱い場合は、【動物取扱業登録】が必要となります。但し、魚、昆虫類などは許可申請をする必要がありません。また、ペット用の餌なども申請する必要はありません。
一般的に猫、犬、鳥~哺乳類関係を取り扱う場合は必要となるということです。

その他

輸入販売、植物関係からガソリンや危険物を販売する時にも各自申請が必要となります。もちろん、上記以外の記載で申請する必要があります。あなたがこれから、カラーミーショップや楽天、BASEなどのサイトを利用してネットショップを開業する前に、まずは確認しておくことが大切です。

入念なチェックをしておくことでよりスムーズに勧めることができます。

ネットショップの王道3大サービス!!

国内でネットショップを運営されている方に人気の高いショッピングシステム。商品登録、管理画面、メルマガ配信などネットショップをする上で必要な機能が全て揃い本格的に開業されたい方におすすめ。

カラーミーショップ
当サイト運営者一押し!
詳細はコチラ
ショップサーブ
法人様の開業に大人気!
詳細はコチラ
楽天出店
無料で資料請求サービス!
詳細はコチラ

ネットで簡単に自由に楽しく開店!
月々0円で始めるネットショップ【MakeShop】

このページの先頭へ